◆国立国会図書館・デジタルコレクションに約3000冊の脚本が新規追加(2017/3/17)

2019年3月14日より、国立国会図書館のデジタルコレクションに、約3000冊のデジタル化された脚本が新たに追加掲載されました。

「7作品」がインターネットで閲覧可能。

「32作品」は図書館送信サービスにより全国700館以上の公共図書館、大学図書館等で閲覧できます。

※閲覧できる図書館はこちらで検索できます。

◆2016年6月17日 川崎市市民ミュージアムにて脚本公開開始>> (2016/6/17)

川崎市市民ミュージアムにて、テレビ・ラジオ番組の脚本・台本約13,500冊の公開が開始文化庁の委託事業として収集した約6万5千冊のうち、1981年以降から2012年までにテレビ・ラジオで放送された脚本等を川崎市市民ミュージアムに寄贈し、公開が開始しました。(1980年以前放送の脚本等は国立国会図書館へ約27,000冊が寄贈され、公開されています)

日本経済新聞神奈川新聞にも掲載頂きました。

ご利用方法はこちらをご覧ください。 

◆藤本義一アーカイブ 公開開始(外部リンク)>>(2015/10/30)

デジタルアーカイブ試行の第二弾。

デジタル脚本アーカイブズ「市川森一の世界」に続き脚本をインターネットで公開する企画。

プライベート写真や画文集、その他交遊録や寄稿文を楽しんでいただけます。

http://fujimotogiichi.nkac.or.jp/

◆市川森一の世界 が帰ってきました>>(2014/3/31)

市川森一の足跡や関係者インタビューを再度UPいたしました。詳細情報はこちらへ>>

今後、脚本を一部公開予定です。ご期待ください。

http://ichikawa.nkac.or.jp/