脚本アーカイブズシンポジウム2018

『脚本から「時代」を読み解くたのしみ』

 

今年度も脚本アーカイブズ活動をめぐり様々な展開がありました。

国立国会図書館で公開中の脚本2万7千冊のうち、約2900冊のデジタルコレクションが全国約800館の公共図書館・大学図書館に送信され遠隔地でも閲覧できるようになりました。また今年1月、日本コンテンツの権利情報を集約したデータベースプロジェクト「Japan Content CatalogJACC®)」に「脚本」分野が追加されました。

今回のシンポジウムでは、時代劇や歴史ドラマに焦点をあて、脚本と共に映像を引用し、

ドラマの中の「江戸と文化」を見つけるトークショーを中心に開催いたします。

 

【日時】2018年3月9日(金) 13時半~16時半(13時開場)

【場所】法政大学市ヶ谷

   (ボアソナードタワー26階・スカイホール

【入場無料】定員150名・事前予約制

【主催】一般社団法人 日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム 

【共催】法政大学大学院日本放送脚本データベース研究所 

【後援】放送文化基金

【プログラム】

■ご挨拶  

池端俊策(脚本家・日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム代表理事)

■プロジェクト報告

『脚本クロニクル』サイト構築とその楽しみ方

・藤田真文(法政大学教授)「活動報告」

・丸山岳彦(専修大学准教授・国立国語研究所客員准教授)

 「言語学から見た脚本アーカイブズの可能性」

・コンソーシアム事務局

 「データベースの楽しみ方~水戸黄門のたどった道」

■上映トークショー 

時代劇・歴史ドラマにみる “江戸のくらしと文化” 

田中優子(法政大学総長) 

大石学(東京学芸大学副学長/時代考証学会会長) 

山本むつみ(脚本家) 

司 会  藤田真文

☆お申込みは終了いたしました。

脚本アーカイブズシンポジウム2018
こちらからチラシデータをダウンロードできます。
■シンポジウムチラシ.pdf
PDFファイル 2.3 MB

■事務局

TEL:03-5210-7029

Email:nkac@hosakkyo.jp

午前11時~午後6時

(月~金)