脚本アーカイブズシンポジウム ~終了~

脚本アーカイブズ ・デジタル活用の未来

~デジタル脚本と映像を共に楽しむ方法とは~

■2017年3月9日(木) 13時半~17時(13時開場)

■早稲田大学 小野記念講堂

■主催 一般社団法人 日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム 

■共催 文化庁、早稲田大学坪内博士記念演劇博物館  

■後援 国立国会図書館、NHK、日本民間放送連盟、放送番組センター、放送文化基金、放送人の会                                                        

第1部 トークショー 『映像と共に脚本を楽しもう』 

   語り手 池端俊策 (脚本家)

 聞き手 岡室美奈子 (早稲田大学演劇博物館館長)

  
第2部 パネルディスカッション『デジタル脚本と映像アーカイブの可能性』

  パネリスト  今野  勉(演出家、放送人の会会長)

        福井健策(弁護士、日本大学芸術学部客員教授)

        高野明彦(国立情報学研究所教授)

        丹羽美之(東京大学大学院情報学環准教授)   

  司 会    吉見俊哉 (東京大学大学院情報学環教授、東京大学副学長)

配布資料
シンポジウム配布資料.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.4 MB

※このシンポジウムは、文化庁委託事業「文化関係資料のアーカイブ構築に関する調査研究~放送番組の脚本・台本のアーカイブ構築に向けた調査研究~」の一環として開催いたします。