脚本アーカイブズシンポジウム2019 満席になりました。

参加登録を頂いた方には改めてメールなどお送りしておりません。

当日、受付にてお名前をお伝えくださいませ。会場にてお待ちしております。

日本脚本家連盟、シナリオ作家協会所属の脚本家の皆様、マスコミ関係の皆様へ

脚本家、マスコミ関係の皆様には関係者席をご用意しております。ご参加の皆様はメールにてご連絡をいただければ登録させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

Email: nkac@hosakkyo.jp

『脚本で振り返る「平成」という時代』

今年度も脚本アーカイブズ活動をめぐり様々な展開がありました。

川崎市市民ミュージアムで公開中の1981年以降放送の脚本が新たに8000冊追加されました。

また今年1月から、脚本データベースの英語版が公開されました。

⇒英語版

今回は平成最後のシンポジウムとして、俳優・中村雅俊氏をゲストにお招きし、脚本を通してドラマや番組を振り返りながら「平成」という時代をたどりたいと思います。

 

【日時】2019年3月23日(土) 13時半~17時(13時開場)

【場所】法政大学市ヶ谷 市ヶ谷または飯田橋駅から徒歩10分

   (ボアソナードタワー26階・スカイホール

          〒102-8160 東京都千代田区富士見2-17-1

           グーグルマップ

【入場無料】定員150名・事前予約制

【主催】文化庁 一般社団法人 日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム 

【共催】法政大学大学院日本放送脚本データベース研究所 

【後援】国立国会図書館 NHK 民間放送連盟 放送文化基金

【プログラム】

■ご挨拶  

文化庁

国立国会図書館

池端俊策(脚本家・日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム代表理事)

 

パネルディスカッション

 ドラマ「バブル」「29歳のクリスマス」から「逃げる女」「半分、青い。」まで

 パネラー 鎌田敏夫 (脚本家、日本脚本家連盟理事長)

      中村雅俊 (俳優・歌手) 

      藤田真文 (法政大学社会学部長、NPO放送批評懇談会 専務理事)

      岡室美奈子(早稲田大学演劇博物館館長)

      吉見俊哉(東京大学大学院情報学環教授)

■事務局

TEL:03-5210-7029

Email:nkac@hosakkyo.jp

午前11時~午後6時

(月~金)